公益社団法人松戸青年会議所 | 50周年運営委員会基本方針

  • 会員募集中

50周年運営委員会基本方針

50周年運営委員会
委員長 平野 嘉一

松戸青年会議所は明るい豊かなまちの実現を目指し、49年間まちづくり、ひとづくりに取り組み、地域と共に歩んでまいりました。50年目という節目を迎えるにあたり、これまでの歴史と伝統を創り上げてこられた諸先輩方の足跡を集大成として振り返り、決して忘れてはならない創始の精神と未来を見据えた変革の精神を継承し、今度は私たちが次世代に繋いでいくために、地域を牽引する存在として力強く発信していく必要があります。まずは、諸先輩方が築いてこられた輝かしい歴史を編纂するために、それぞれの時代ごとに一つずつ紐解いて集成し、設立に至った経緯とそれぞれ時代の変遷を把握できる50周年記念誌を作成することで、創始よりの歴史と未来への歩みを次世代に繋いで行きます。そして、松戸市内外の方々に私たちのまち松戸の魅力を伝えるために、スケールメリットを活かした50周年記念事業を開催し、SNSや様々な媒体を使って告知することで、多くの方々が来るきっかけとなり、我がまち松戸を一層愛していただける機会を作ります。さらに、私たち現役が次世代の歩むべき道を示すために、松戸青年会議所としてこれからの10年に向けて運動の道しるべとなるための未来ビジョン50年代活動指針を作成し、まだ見ぬ次世代メンバーと意識統一を図ることで、足並みを揃えて前に進んでいきます。また、設立以来、地域の方々や同志に支えられてきたことに感謝するために、格式ある厳粛な50周年記念式典を開催し、来場者におもてなしの心を込めて迎えることで、地域の方々や近隣諸団体との変わらぬ良好な関係を構築し松戸青年会議所の存在感を示します。
次の50年に向かうにあたり、過去を振り返り未来に繋げるためのきっかけを与える役目を私たちが担い、メンバー一人ひとりがまちを牽引するという当事者意識を持ち、地域の方々と共に私たちがまちの魅力を広く伝播することで、松戸の明るい未来を創造します。

事業計画

1.会員拡大
2.地域行事、対外事業等、各事業への積極的参加
3.他委員会との連携と協力
4.49年間の歩みを振り返り、次世代に繋ぐ50周年記念誌の作成
5.多くの人々がこのまちに訪れる機会となる50周年記念事業の開催
6.未来ビジョン「50年代活動指針」の作成
7.歴史と伝統を継承する、格式ある厳粛な50周年記念式典の開催

対外事業

1.京都会議
2.関東地区大会

地域行事

1.緑と花のフェスティバル

ページトップへ