会員拡大委員会基本方針

会員拡大委員会
委員長 大橋 優裕

明るい豊かな社会の実現に向けて今後もより力強い運動や様々な事業を展開していくためには、一人でも多くの同じ志をもった次の世代を担う仲間を集め、より大きな運動体を形成していくことが必要です。そのためにも会員拡大は必要不可欠な基本運動であり、それを決して他人事とはせず、当委員会が自らの責任のもと率先垂範して実行し、さらには旗振り役となって全メンバーで取り組むことができるように推進していく必要があります。
まずは、将来の松戸を担うメンバーを発掘するために、足を使ってオブザーバーとの接点を創出し、他委員会や本年度卒業メンバーとオブザーバー情報を共有しつつ一緒に勧誘することで、全員拡大を実現します。そして、入会までの確度を高めるために、ウェブ上で視覚的な訴求力のあるPRページを作成すると共に、異業種交流会を実施し、青年会議所運動の発信を力強く行うことで、会員拡大活動へとつなげていきます。さらに、より多くのオブザーバーを集めるために、自己成長意欲が喚起されるテーマで講演会を開催し、その中でメンバーが我々の運動の魅力を発信していくことで、全メンバーでの会員拡大を実現していきます。また、青年経済人にとって有益な気付きを得ていただくために、自己の成長や人脈の形成に重要な要素である出会いを生み出し、メンバーとの交流自体がその実現の一助となることで、更なる拡大へとつなげます。そして、入会後すぐに安心して青年会議所運動に参加していただくために、当委員会が新入会員のフォローを実施し、活発にコミュニケーションを取ることで、新入会員が組織へ定着するよう取り組んでいきます。
会員拡大に対する行動全てが大きな運動体を作り出し、大きな運動体が青年会議所運動を強く発信することで明るい豊かな社会の実現につなげ、同じ志を持つ仲間達と共に青年会議所運動を地域社会に向けて展開していくことで、市民から愛される松戸を創造します。

事業計画

1.会員拡大
2.総会・例会・地域事業・対外事業への積極的な参加
3.他委員会との連携と協力
4.会員拡大推進活動の企画、運営
5.会員拡大に対する意識向上
6.卒業生と連携しての拡大活動
7.新入会員認承式の企画、運営、実施
8.新入会員への適切なフォロー

対外事業

1.OB交流会
2.サマーコンファレンス
3.タートン訪台・来松

地域行事

1.献血運動

リンク

scroll top