総務委員会

委員長:齋藤 隼

委員会設置背景

すべての事業、運動を円滑に効率的に進めていき、当たり前のことを当たり前に遂行する模範として、様々な角度からの下支えとして機能すべき総務は、過去3年間にわたり低下し続けている例会及び総会の出席率を看過できません。メンバーに対する感謝を形で表すためには、お互いを認め合い感謝し合えるメンバー間のつながりを率先して大切にし、メンバーのモチベーションを向上できる組織づくりを行っていく必要があります。

委員会目的

総会や例会へ出席しやすい環境づくりや正確な情報共有による当事者意識並びに参画意識の醸成、また総会をはじめとする諸会議の滞りない実施など、全委員会が実施する事業に全力を注ぐことができる運営基盤を構築することを目的とします。

活動概要

【共1】会員拡大と新入会員への適切なフォロー
【共2】総会・例会・地域行事・対外事業等への積極的な参加
【共3】他委員会との連携と協力
【共4】新年祝賀会の開催1.青少年が住み続けたくなるまちにするための事業の開催
1、総会、理事会等の諸会議の設営
2、アジェンダシステムの作成、管理
3、監事監査、中間・年間監査の設営並びに運営
4、青年会議所メンバーの家族や職場など身の回りの人々に感謝を伝えることが出来る事業の開催
5、LOM内の情報共有、活動記録の適正な管理
6、その他の委員会に属さない業務

※活動概要の【共】は松戸JC全メンバー共通の年間事業方針を記載

10年後の委員会目標(KGI)

1-1、総会や諸会議、またすべての事業を100%予定通りに執り行い円滑な組織運営を行える組織にします
1-2、年間通して総会・例会の出席率を100%達成します
2、すべての理事会がすべて予定通りに終わる組織運営を構築します
3、各例会の監事監査を1時間以内に終わらせます
4、持続可能な組織構築のため退会者数を0名とします
5、全メンバーがLOM内のすべて議事内容を理解している状態をつくります
6、全メンバーが事務局の5S活動に取り組んでいる状態をつくります

1年後の委員会目標(KGI)

1-1、総会や諸会議を100%予定通りに執り行うよう時間を厳守します
1-2、年間通して総会・例会の出席率を平均80%以上達成します
2、理事会にて事前準備不足による修正などの時間延長を0にします
3、各例会の監事監査の再提出を0にします
4、持続可能な組織構築のため退会者数を昨年以下とします
5、当月理事会にて議題に上がってきたものを当月中に全メンバーが理解している状態をつくります
6、全委員会の効率的な運営実施の下支えとして、全メンバーが事務局が清潔であると感じて頂きます

事業概要(KPI)

1、総会はリハーサルを本番と思い、リハーサルまでに設営を滞りなく行います。また理事会などの諸会議は開始時刻には常に時間通り開始できるように設営します。
2、上程期限遅延者を0にします
3、各例会の提出書類不備を0にします
4、家族や職場の方々に青年会議所の活動を理解してもらえたかをアンケートによって検証していき、「理解できた」を80%以上達成します
5、各委員長が委員会メンバーに行う理事会報告を7日以内とします
6、5S活動推進のために総務委員会出席率を80%以上とします

政策手法

1、健全な組織運営を行うために、最高意思決定機関である総会や理事会等の諸会議の厳格な設営と運営体制を構築し、円滑に実施することで、組織力を強化します。
2・3、組織が円滑に運営されるために、資料の上程期限厳守と資料の精査を徹底し、各会議並びに監事監査を効率的に進行することで、組織の統率力を向上します。
4、メンバーが例会や総会に出席しやすい環境を構築するために、家族や職場の方々に感謝を伝える事業を実施し、身の回りの方々に日ごろの感謝を表すとともに松戸青年会議所の運動を理解して頂くことで、メンバーのJC活動に対する意欲を向上します。
5、全メンバーの松戸青年会議所に対する帰属意識と個々人の当事者意識向上のために、各種会議での決定事項を迅速にメンバーに周知し、総務委員会が厳正に管理することで、組織への信頼感を醸成し結束力を向上します。
6、全委員会が迅速かつ効果的な事業を展開できる基盤をつくるために、総務委員会が率先して事務局の5S活動を実施し、無駄を省いた環境を整備することで、事業を構築する時間を増やすことに貢献します。

S D G s

【4.8.11.17】

パートナー

公益社団法人日本青年会議所
公益社団法人日本青年会議所関東地区協議会
公益社団法人日本青年会議所関東地区千葉ブロック協議会
松戸青年会議所OB会
松戸青年会議所メンバーの家族や職場の方々

対外事業

1.サマーコンファレンス
2.全国大会 札幌大会

地域行事

1.江戸川フラワーライン

scroll top